ダヴ ボタニカルセレクション ダメージプロテクション シャンプー成分解析

切れ毛を防ぎ うるおってすこやかな髪へ

ダヴ 商品説明より:きしまずうるおう、100%植物由来のボタニカルオイル配合処方。 切れ毛を防ぎうるおってすこやかな髪へ。
内容量 価 格 詰め替え用
500ml 862円(参考価格) 400ml

ダメージプロテクションってどんなシャンプー?

ダヴ ダメージプロテクション シャンプーは、どんな特徴があるのでしょうか? 成分解析から評価してみました。

ダメージプロテクション シャンプー 解析評価

洗浄    : ★★☆☆☆☆
補修・保護 : ★★☆☆☆☆
頭皮環境  : ★★☆☆☆☆
臭いケア  : ★★☆☆☆☆
香り    : ★★☆☆☆☆
潤い・ツヤ : ★★★☆☆☆
ハリ・コシ : ★★★☆☆☆
手触り   : ★★★☆☆☆
泡立ち   : ★★★★☆☆
仕上がり  : ★★★☆☆☆

優雅なグリーンフローラル&フルーツの香り

ダヴ ダメージプロテクション シャンプーの解析評価

【デメリットが多い】

刺激緩和はしているけど・・・主成分がラウレス硫酸Naを使っているので、やや強めの洗浄力。ダメージケアをしたいのに、この成分では頭皮や髪の乾燥・荒れは改善しそうにないですね。

シャンプーの中に、陰イオンと陽イオンという相反する性質が混在しているので、お互いの特性を弱めてしまったり、頭皮にシャンプー剤が残りやすくなります。

傷んだ髪への補修・保護成分が少ないので、ダメージケア用としてはオススメしない。

天然色素を配合しているけど、防腐剤にやや不安材料があるので、安全性が高いとはいえない

 全成分
水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、塩化Na、アボカドエキス、トウキンセンカ花エキス、アルガニアスピノサ核油、トレハロース、加水分解ケラチン、酢酸トコフェロール、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、アルギニン、ポリクオタニウム-10、水酸化Na、PG、エトキシジグリコール、BG、乳酸、グルコース、アスコルビン酸、ソルビン酸K、クエン酸、PPG-7、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料、カラメル

成分解析

ダヴ ダメージプロテクション シャンプーにはどんな成分が使われているのか、詳しく見ていきましょう!

主成分:界面活性剤とは?

主成分である洗浄力は、洗浄力も刺激も強いラウレス硫酸Naを使っています。両性界面活性剤のコカミドプロピルベタインで刺激を緩和しているようですが、この二つだけに洗浄力を頼っているので、安価なラウレス硫酸Naを多用している可能性もあります。

ダメージケアシャンプーとしては、洗浄力が高すぎておすすめしません。

ラウレス硫酸Na 陰イオン(アニオン)界面活性剤  硫酸・エステル系
アミノ酸系やベタイン系に比べると非常に強い刺激 強い洗浄力 高い起泡性 洗い上がりはさっぱりと髪ふんわり 髪や頭皮の乾燥になりやすい 安価
コカミドプロピルベタイン 両性(アンホ)界面活性剤
ヤシ油脂肪酸由来 陰イオン(アニオン)界面活性剤と一緒に配合することで増粘や増泡や低刺激性をアップ 

なぜ、配合量の多い順4番めに塩化Naがあるんだろう・・・シャンプー液をトロリ感触にしたかったのかな・・・?????

塩化Na 乳化安定 増粘剤

ダメージケアの有効成分とは?

加水分解ケラチンで髪を保護する成分はありますが、特に目立ったダメージ補修成分は配合されていないようです。

ボタニカル成分はありますが、一般的によく使われている成分ですね。

アボカドエキス 皮膚や髪の毛の調子を整える 皮膚に潤いと柔軟を与える
トウキンセンカ花エキス  消炎 肌荒れ改善 鎮痛
アルガニアスピノサ核油 保湿 抗酸化 エモリエント効果
トレハロース 保湿
加水分解ケラチン 羊毛由来(PPT系※)
コラーゲン系よりも髪の毛に吸着して補修を促す。ハリ・コシを与える
酢酸トコフェロール 酸化防止 皮膚に潤いと柔軟を与える

※PPT系:天然由来のタンパク質を加水分解して作られる成分(Polypeptide・ポリペプチド)。皮膚や髪の主成分であるタンパク質に近い構造を持っているので、頭皮や髪に馴染みやすい。

その他の成分

保湿やシャンプー剤の安定成分などです。pH調整剤や防腐剤が数種類使われていたり、色素もあったりと、安全性からみて地肌や髪にオススメできないですね。

グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド 第4級 陽イオン(カチオン)界面活性剤
帯電防止 コンディショニング剤 増粘剤
アルギニン pH調整
ポリクオタニウム-10 帯電防止
水酸化Na pH調整
PG  保湿 溶剤
エトキシジグリコール 香料 溶剤 減粘剤
BG 保湿 抗菌
乳酸  保湿 柔軟
グルコース 保湿
アスコルビン酸 ビタミンCのこと 抗酸化作用
ソルビン酸K 防腐剤
クエン酸 pH調整
PPG-7 皮膚コンディショニング剤
EDTA-2Na キュレート剤※ 品質安定
安息香酸Na 殺菌剤
香料 香り付け
カラメル 天然色素

※キュレート剤:カルシウムや鉄・マグネシウムなどの金属イオン(=ミネラル成分)が、シャンプー成分と結合して変質するのを防いだり、酸化防止や成分安定化の働きをする。

まとめ

ダヴ ダメージプロテクション シャンプーは、ダメージケアシャンプーよりもやや安全性が高いといえます。でも、食品にも使われる防腐剤「ソルビン酸K」ですが、特別安全性が高いわけではありません。

ダメージケアとしての補修・保護成分も加水分解ケラチンぐらいで、特に目立った有効成分は配合されていません。

ボタニカルオイルは100%植物由来ということですが、該当するのは「アルガニアスピノサ核油」ぐらいですね。ボタニカルエキスは100%植物由来ではないのでしょうか? 疑問です

ダヴ 商品説明より:きしまずうるおう、100%植物由来のボタニカルオイル配合処方。 切れ毛を防ぎ、うるおってすこやかな髪へ。

成分をみたところ、商品説明にあるような切れ毛を防いで髪がうるおうのは表面的だけではないでしょうか。洗浄力が強い有効成分は良くても、ダメージケアとしてはオススメしません

内容量 価 格 詰め替え用
500ml 862円(参考価格) 400ml

ダヴ ヘアケア製品の口コミ・体験談など

ダヴ ダメージケア シャンプーの口コミは

ダヴ ダメージケア シャンプー成分解析

ダヴ ボタニカルセレクション ダメージプロテクション シャンプーの口コミは