アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル):植物オイル

アルガニアスピノサ核油について

アルガニアスピノサ核油は、アルガンオイルともよばれる天然のオイルです。

アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)は、抗酸化作用があって肌や髪の代謝に必要な「ビタミンE」や、皮膚を柔らかくしたり浸透性を高める作用がある「オレイン酸」、抗酸化や保湿・肌のバリア機能をアップする作用がある「リノール酸」などの不飽和脂肪酸を多く含んでいます。

原料 アカテツ科の広葉樹
アルガンの木の種子から採取
配合目的 保湿 抗酸化 エモリエント効果
主な特性
  • 肌になじみがよく浸透性を高める
  • 水分の蒸発を防いで保湿性を高め乾燥を防ぐ
  • 肌に膜を張ってバリア機能を高め
  • 優れた抗酸化作用で地肌を清潔に保つ
  • 肌の新陳代謝を促す
  • 少量しか採れないので希少価値が高い
  • 安全性が高いといえる

成分の配合目的や主な特性などについては、「化粧品成分ガイド(フレグランスジャーナル社)」や「化粧品毒性判定事典(メモタル出版)」などの文献から引用しています(詳しくは参考文献一覧を参照してください)。