バオバフ種子油

バオバフ種子油について

バオバブは、サバンナ地域に多く生息する木です。乾燥地帯で生き抜くために、太い幹には水分を溜め込んでいます。

バオバブの果実にはビタミンCやカルシウムが豊富に含まれています。葉にはビタミン類やミネラル類が豊富に含まれ、大事な野菜として食べられてきました。また、種子からは油を、樹皮は解熱剤(薬)として使われています。

バオバブ種子油には、酸化しにくく人の皮膚に多く存在して潤いとハリを高める「オレイン酸」や、メラニンの生成を抑えて分解する作用もある「リノール酸」、ビタミンAが多く抗酸化・老化予防作用がある「パルチミン酸」、肌や髪の代謝に必要な「ビタミン類」などの成分を豊富に含んでいます。

原料 アオイ科植物
バオバブの種子から抽出
配合目的 皮膚バリア形成
主な特性
  • 地肌や髪にうるおいを与える
  • 地肌や髪質を整える
  • 地肌を守る

成分の配合目的や安全性・主な特性については、「化粧品成分ガイド(フレグランスジャーナル社)」や「化粧品毒性判定事典(メモタル出版)」などの文献や日本化粧品工業連合会ホームページなどから引用しております(詳しくは参考文献一覧を参照してください)。