オレフィン(C14-16)スルホン酸Na:シャンプー成分解析

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naついて

別名:テトラデセンスルホン酸Na(医薬部外品)

界面活性剤の種類 陰イオン(アニオン)界面活性剤

硫酸・スルホン酸系

配合目的 洗浄
主な特性
  • ラウレス硫酸に近い、とても強い洗浄力と脱脂力
  • 非常に強い刺激
  • 長時間の刺激で肌荒れフケかゆみ抜け毛などを起こすことがある
  • 洗浄力が高いので髪がキシミやすい
  • 洗い上がりはさっぱり感
  • 安価

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naは、炭素数14〜16のα−オレフィンをスルホン化した、アルキルスルホン酸のナトリウム塩の混合物です。

ラウレス硫酸NaやラウリルNa硫酸の代用として配合されることがあります。しかし、刺激面や洗浄面などを比べてみると、3つの成分は同様の作用があります。

とくに、表示成分の2番目か3番目に記載があるシャンプーは、メインの成分となり配合量が多いのでラウリル硫酸Na同様の洗浄力・脱脂力・刺激性などには注意が必要です。

ただし、洗浄力が弱い成分がメインになっている場合、シャンプーの補助剤的な役割をするので、シャンプー全体でみれば「そこそこ強い洗浄力」のシャンプーになります。

つまり、シャンプーへの配合量の違いで全体の洗浄力は違ってくるので、全成分に配合されている順番をチェックしてくださいね。。