ダヴ ダメージケア シャンプーの成分解析

さまざまな髪悩みに、うるおいがすべての鍵

ダヴ 商品説明より:ダメージを受けやすい毛先まで浸透し、内側まで補修・保湿。傷んだ髪にうるおいを浸透させ、さらなるダメージから守り、健やかな髪に導きます。

ダヴ ダメージケアシャンプーにはどんな成分が配合されているのか、詳しく見ていきましょう。

内容量 価 格 詰め替え用
500ml 599円(参考価格) 400ml

ダヴのダメージケアってどんなシャンプー?

ダヴ ダメージケア シャンプー は、どんな特徴があるのでしょうか? 成分解析から評価してみました。

ダヴ ダメージケア シャンプー 解析評価

洗浄    : ★★☆☆☆☆
補修・保護 : ★★☆☆☆☆
頭皮環境  : ★☆☆☆☆☆
臭いケア  : ★☆☆☆☆☆
香り    : ★★☆☆☆☆
潤い・ツヤ : ★★★☆☆☆
ハリ・コシ : ★★☆☆☆☆
手触り   : ★★★☆☆☆
泡立ち   : ★★★★☆☆
仕上がり  : ★☆☆☆☆☆

上品な花々とフレッシュな果実の香り

ダヴ ダメージケア シャンプーの解析評価

【デメリットが多い】

刺激緩和はしているけど・・・主成分がラウレス硫酸Naを使っているので、やや強めの洗浄力。ダメージケアをしたいのに、この成分では頭皮や髪の乾燥・荒れは改善しそうにないですね。

シャンプーの中に、陰イオンと陽イオンという相反する性質が混在しているので、お互いの特性を弱めてしまったり、頭皮にシャンプー剤が残りやすくなります。

pH調整が多いのは、髪を一時的にアルカリ性にすることでキューティクルを開かせ、pH調整で酸性に戻してキューティクルを閉じさせるため。浸透性は高まるけど有効成分で浸透性を高めていないので、髪に負担は大きいかな。

防腐剤・着色色素も入っているので、安全性は高くない

 全成分
水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、塩化Na、加水分解ケラチン、トレハロース、スクワラン、マカデミアナッツ油、イソ酪酸酢酸スクロース、オレイン酸、アルギニン、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-10、PPG-7、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、クエン酸、水酸化Na、EDTA-2Na、安息香酸Na、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料、黄4、赤227

成分解析

ダヴ ダメージケアシャンプーにはどんな成分が使われているのか、詳しく見ていきましょう!

主成分:界面活性剤とは?

主成分である洗浄力は、洗浄力も刺激も強いラウレス硫酸Naを使っています。両性界面活性剤のコカミドプロピルベタインで刺激を緩和しているようですが、この二つだけに洗浄力を頼っているので、安価なラウレス硫酸Naを多用している可能性もあります。

ダメージケアシャンプーとしては、洗浄力が高すぎておすすめしません。

ラウレス硫酸Na 陰イオン(アニオン)界面活性剤  硫酸・エステル系
アミノ酸系やベタイン系に比べると非常に強い刺激 強い洗浄力 高い起泡性 洗い上がりはさっぱりと髪ふんわり 髪や頭皮の乾燥になりやすい 安価
コカミドプロピルベタイン 両性(アンホ)界面活性剤
ヤシ油脂肪酸由来 陰イオン(アニオン)界面活性剤と一緒に配合することで増粘や増泡や低刺激性をアップ

なぜ、配合量の多い順4番めに塩化Naがあるんだろう・・・シャンプー液をトロリ感触にしたかったのかな・・・?????

塩化Na 乳化安定 増粘剤

ダメージケアの有効成分とは?

加水分解ケラチンで髪を保護する成分はありますが、特に目立ったダメージ補修成分は配合されていないようです。

加水分解ケラチン 羊毛由来(PPT系※)
コラーゲン系よりも髪の毛に吸着して補修を促す。ハリ・コシを与える
トレハロース 保湿
スクワラン 保湿 保護 柔軟 湿潤 皮膜形成 感触改善
マカデミアナッツ油 肌へのなじみが良い 毛髪柔軟 乾燥予防 ツヤ感UP
イソ酪酸酢酸スクロース 可塑剤(かそざい) 皮膚を柔らかくする
オレイン酸 保湿

※PPT系:天然由来のタンパク質を加水分解して作られる成分(Polypeptide・ポリペプチド)。皮膚や髪の主成分であるタンパク質に近い構造を持っているので、頭皮や髪に馴染みやすい。

その他の成分

保湿やシャンプー剤の安定成分などです。pH調整剤や防腐剤が数種類使われていたり、色素もあったりと、安全性からみて地肌や髪にオススメできないですね。

アルギニン pH調整
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド 第4級 陽イオン(カチオン)界面活性剤
帯電防止 コンディショニング剤 増粘剤
ポリクオタニウム-10 帯電防止
PPG-7 皮膚コンディショニング剤
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル 皮膚に潤いと柔軟性、栄養分を保たせるエモリエント効果
クエン酸 pH調整
水酸化Na pH調整
EDTA-2Na キュレート剤※ 品質安定
安息香酸Na 殺菌剤
メチルイソチアゾリノン 防腐剤
メチルクロロイソチアゾリノン 防腐剤 メチルイソチアゾリノンとの相乗効果で高い防腐性を示す
香料 香り付け
黄4 色素
赤227 色素

※キュレート剤:カルシウムや鉄・マグネシウムなどの金属イオン(=ミネラル成分)が、シャンプー成分と結合して変質するのを防いだり、酸化防止や成分安定化の働きをする。

まとめ

成分を見てきましたが、せっかく傷んだ髪への修復作用が高いスクワラン加水分解ケラチンが配合されているのに、洗浄力が台無しにしている感じがあります。

主成分のラウレス硫酸Naは、原料が安いので原材料費が安く抑えられます。毎日洗うのですから、価格は抑えたいですよね。でも、「ダメージケアという観点」からは、残念な成分配合といわざるをえません。

頭皮や髪に負担が大きい洗浄力の強いシャンプーを使い続ければ、頭皮環境が悪化して抜け毛や毛髪が衰えていきます。

ダメージが気になる髪でなくても、できるだけ毛髪の成分に近い低刺激のアミノ酸系界面活性剤が主成分のシャンプーをオススメします。

ダヴ 商品説明より:ダメージを受けやすい毛先まで浸透し、内側まで補修・保湿。傷んだ髪にうるおいを浸透させ、さらなるダメージから守り、健やかな髪に導きます。

商品説明にあるような、内側まで補修・保湿してくれるような成分はありますが、それを帳消しにしてしまうような成分も配合されているので、非常に残念なダメージケアシャンプーになっていると思います。

内容量 価 格 詰め替え用
500ml 599円(参考価格) 400ml

ダヴ ヘアケア製品の口コミ・体験談など

ダヴ ダメージケア シャンプーの口コミは

ダヴ ボタニカルセレクション ダメージプロテクション シャンプー成分解析

ダヴ ボタニカルセレクション ダメージプロテクション シャンプーの口コミは