エンピツビャクシン(シダーウッド)油:植物オイル

エンピツビャクシン(シダーウッド)油について

エンピツビャクシン(シダーウッド)は別名でエンピツノキとも呼ばれる、ヒノキ科の針葉樹です。エンピツビャクシャンの名前の由来は、長く真っ直ぐで防虫効果があり削りやすいため「鉛筆」の材料になっていたからだそうです。

また、霊的な力があると古くから寺院の建築材として使われたり、虫を寄せ付けないことから棺や家財・船などにも使われてきたほどです。また、ヒノキ香りは不安や緊張した心を沈め、穏やかにする作用があります。

エンピツビャクシン(シダーウッド)油は、樹木の香りの芳香や抗炎症・抗アレルギー作用がある「ビリディフロロール、セドロールなど(セスキテルペンアルコール類)」や芳香・鎮痛・殺菌作用がある「α-セドレン、β-セドレン、ツジョプセンなど(セスキテルペン炭化水素類)」などの成分を含んでいます。

サイプレス、シナモン、ジャスミン、ジュニパー、ネロリ、ローズ、ベルガモット、ラベンダー、レモン、ローズマリーなどの植物オイルと相性がいいです。

原料 ヒノキ科植物
シダーウッドの樹木から抽出
配合目的 芳香 殺菌 鎮痛 収れん 皮膚柔軟化
主な特性
  • 爽やかな木目の香り
  • 優れた抗菌・抗炎症作用で地肌を清潔に保つ
  • 地肌を柔らかくし頭皮環境を整える
  • 地肌のキメを整え、引き締め効果がある
  • ラベンダー油やレモン油・ローズ油などの植物オイルと相性がいい

成分の配合目的や主な特性などについては、「化粧品成分ガイド(フレグランスジャーナル社)」や「化粧品毒性判定事典(メモタル出版)」などの文献から引用しています(詳しくは参考文献一覧を参照してください)。