ココアンホ酢酸Na:シャンプー成分解析

ココアンホ酢酸Naについて

別名:2−アルキル−N−カルボキシメチル−N−ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン

別名:アルキルカルボキシメチルヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン

界面活性剤の種類 両性(アンホ)界面活性剤
配合目的 洗浄 起泡 保湿 柔軟 乳化 帯電防止
主な特徴
  • 天然由来
  • 低刺激
  • 低洗浄力
  • 起泡性
  • 乳化剤(製品の安定化)
  • 帯電防止効果
  • 肌への保湿性と柔軟性
  • ヘアカラー後の持ちがいい
  • リンス・コンディショナーとしても使用される
  • ベビー用シャンプーとして使われる
  • 洗い上がりはマイルド
  • 安全性はやや高い

成分の配合目的や安全性・主な特性については、「化粧品成分ガイド(フレグランスジャーナル社)」や「化粧品毒性判定事典(メモタル出版)」などの文献や日本化粧品工業連合会ホームページなどから引用しております(詳しくは参考文献一覧を参照してください)。

ココアンホ酢酸Naを主成分に使ってるシャンプー

ZACCボタニカルスカルプシャンプー