ココイルメチルタウリンNa:シャンプー成分解析

ココイルメチルタウリンNaについて

医薬部外品名称:ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム液

タウリンは肌や髪の成分であるアミノ酸に非常に近い性質をもっている。そのため、陰イオン(アニオン)界面活性剤の中でもココイルメチルタウリンNaは、とても低刺激で安全性が高いといえます。

界面活性剤の種類 陰イオン(アニオン)界面活性剤
タウリン系
配合目的 洗浄 起泡
主な特性
  • ヤシ油脂肪酸由来
  • そこそこの洗浄力・脱脂力(石鹸に比べると脱脂力は弱い)
  • とても低刺激でマイルド
  • 敏感肌向け
  • アミノ酸に近い性質で安全性がとてもに高い
  • 泡立ちがいい
  • 洗い上がりはマイルドだが洗い上がりはさっぱりして髪ふんわり
  • 高価な成分

成分の配合目的や安全性・主な特性については、「化粧品成分ガイド(フレグランスジャーナル社)」や「化粧品毒性判定事典(メモタル出版)」などの文献や日本化粧品工業連合会ホームページなどから引用しております(詳しくは参考文献一覧を参照してください)。