髪の成長に大きく影響を与える加水分解酵母エキスとは

加水分解酵母エキスについて

加水分解酵母エキスとは、酵母から加水分解して抽出した天然ペプチドのことです。

加水分解酵母エキスには、血流改善や新陳代謝を促して髪の成長に関与する「核酸」や、頭皮や髪に必要なタンパク質の成分となり新陳代謝を促す作用などがある「ミネラル」、肌や髪の元となる「タンパク質」、タンパク質の元や天然保湿因子(NMF成分)でもある「アミノ酸」、肌や髪の代謝に必要な「ビタミンB2・B6」などの成分を豊富に含んでいます。

また、加水分解酵母エキスは線維芽細胞増殖因子の一種である「FGF-10」という成長因子を刺激し、毛母細胞を増やす働きがあります。つまり、髪の成長にアプローチするので、髪が育ちやすくなります。薄毛の改善に効果が期待されるので、多くの育毛剤で使用されています。

医療法人 肌クリニックのブログにマウスを使った研究結果がありましたので、引用させていただきます。4匹のマウスの背中の毛を剃り、それぞれに「生理食塩水」「FGF-1」「FGF-2」「FGF-10」を塗って4週間の経過を比べてみました。すると、一番髪が生えたのが「FGF-10」ということです。

つまり、髪の育毛には「FGF-10」を働かせることが大事になります。

加水分解酵母エキスはこのFGF-10」を300倍に増やす働きがあり、毛母細胞を増やすので髪がどんどん伸びていくのです。

種類 天然ペプチド
配合目的  保湿 皮膚細胞の修復 老化防止 育毛 肌荒れ予防
主な特性
  • 水分が蒸発するのを防ぎ保湿力をUP
  • 皮膚細胞の修復する力があるので、傷んだ頭皮を改善する
  • 細胞間物質生成遺伝子や線維芽細胞増殖遺伝子を刺激して細胞レベルで髪の成長を促す
  • コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す
  • 血流が改善して新陳代謝を促すので、髪が生えやすい頭皮環境へ

成分の配合目的や安全性・主な特性については、「化粧品成分ガイド(フレグランスジャーナル社)」や「化粧品毒性判定事典(メモタル出版)」などの文献などから引用しております(詳しくは参考文献一覧を参照してください)。