クラメリアトリアンドラ根エキス:植物エキス

クラメリアトリアンドラ根エキスについて

クラメリアトリアンドラ根エキスは、別名でラタニアエキスともよばれています。

クラメリア(ラタニア)の根には、多量の「タンニン」が多く含まれています。そのため、高い収れん作用や、炎症を抑える働きがあります。

また、口腔内の炎症・歯茎の腫れなどを抑える薬として、歯磨き粉などに配合されています。他にも、飲むことで下痢や腸の炎症を抑えたり、狭心症の胸の痛みなどにも効果があるといわれています。

原料 クラメリア科植物
クラメリア(ラタニア)の根から抽出
配合目的 消炎 収れん
主な特性
  • 地肌の毛穴を引き締め、潤いを与える
  • 優れた消炎作用で地肌を清潔に保つ