オレイン酸について

オレイン酸について

オレイン酸は、皮脂に含まれる脂肪酸の一つです。そのため、皮膚への刺激はとても少ないのですが、シャンプー剤としては単独では使われません。アルカリ性などの成分と一緒にすることで、石鹸の原料となります。

オレイン酸は、オリーブオイル・ツバキ油・ナッツ系の油・ひまわり油・紅花油などにも多く含まれている脂肪酸です。

種類 油性成分(高級脂肪酸)
配合目的 界面活性剤(石鹸)の原料
主な特性
  • 皮膚への刺激が少なくてマイルド
  • 地肌や髪に馴染みやすいい
  • 保湿力を高めて健康な髪や地肌を維持する
  • 乾燥を防ぐ
  • 皮膚や髪に柔軟性を与える
  • 肌のキメを整える
  • 酸化しにくい(劣化しにくい)
  • 浸透性がある
  • 成分が固まるのを防ぐ
  • アルカリ性などの成分と一緒にすることで石鹸の原料となる
  • 石鹸になると冷水でも温水でも、優れた洗浄力がある
  • 石鹸になると泡が立ちにくいが、一度できた泡は持続する

成分の配合目的や安全性・主な特性については、「化粧品成分ガイド(フレグランスジャーナル社)」や「化粧品毒性判定事典(メモタル出版)」などの文献や日本化粧品工業連合会ホームページなどから引用しております(詳しくは参考文献一覧を参照してください)。