ラウレス硫酸Na:シャンプー成分解析

ラウレス硫酸Naについて

別名称:ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸Na

ラウレス硫酸ナトリウムは、親水基が硫酸基、親油基がラウリル基。そこに刺激緩和剤として硫酸基とラウリル基の間にポリエチレングリコールという親水基がついたものです。硫酸基があるので、皮膚への刺激はあるといえます。

界面活性剤の種類 陰イオン(アニオン)界面活性剤

硫酸・エステル系

配合目的 洗浄 起泡
主な特性
  • 水に溶けやすい
  • ラウリル硫酸Naよりは皮膚に対する刺激は少ないが、硫酸基なので刺激はある
  • 皮膚を刺激したり、眼に入ると刺激が強くて痛くなるなどの危険性がある
  • 脂に対する洗浄力・脱脂力がとても高い
  • 洗浄力が高いので髪の毛がきしみやすい
  • 少量配合するだけでも泡立ちが良くなる
  • クリーミーな泡立ち
  • 洗い上がりはさっぱりと髪ふんわり
  • 安価

成分の配合目的や安全性・主な特性については、「化粧品成分ガイド(フレグランスジャーナル社)」や「化粧品毒性判定事典(メモタル出版)」などの文献や日本化粧品工業連合会ホームページなどから引用しております(詳しくは参考文献一覧を参照してください)。

ラウレス硫酸ナトリウムは、ラウリル硫酸ナトリウムと比べて刺激は少ないといわれています。「だから安全?」ではありません。れっきとした硫酸系の成分ですので、シャンプー成分としてはできるだけ避けたい成分となります。

なぜなら、洗浄力・脱脂力が高いので地肌や髪の脂を、必要以上に洗い流してしまう可能性が高いからです。

特に、敏感肌乾燥肌の人の場合、洗浄力が高い成分で毎日毎日シャンプーすることで地肌や髪のうるおいまでもが洗い流されてしまいます。汚れもうるおいも逃げてしまった地肌や髪は、ますます荒れてしまい、髪もキシキシ・パサパサ。

これではキレイな髪とは、ほど遠いですよね。

健康な髪の人には問題ないとはいわれていますが、長期的に使用した場合やシャンプーのすすぎ残しがある場合は抜け毛の原因になると思われます。肌や髪を守るためにも、陰イオン(アニオン)界面活性剤の中の「硫酸系」成分は避けたほうが無難でしょう。