スルホコハク酸ラウレス2Na:シャンプー成分解析

スルホコハク酸ラウレス2Naについて

スルホコハク酸ラウレス2Naは、スルホコハク酸とポリオキシエチレンラウリルエーテルから作られます。

界面活性剤の種類

陰イオン(アニオン)界面活性剤

コハク酸系

配合目的 洗浄
主な特性
  • アミノ酸系よりもやや高めの洗浄力
  • 高い起泡性
  • 低めの刺激性
  • 洗い流しが不足すると頭皮に残ったり、余分な皮脂まで流れて乾燥しやすくなる
  • 乾燥肌やパサつきのある髪には不向き
  • 脂性の肌やワックスを使っている髪に向いている
  • スルホコハク酸ラウレス2Naがメイン成分ならヘアカラー後の使用は控えたほうがいいかも
  • 洗い上がりはさっぱり感

成分の配合目的や安全性・主な特性については、「化粧品成分ガイド(フレグランスジャーナル社)」や「化粧品毒性判定事典(メモタル出版)」などの文献や日本化粧品工業連合会ホームページなどから引用しております(詳しくは参考文献一覧を参照してください)。

 

スルホコハク酸ラウレス2Naは、石鹸(高級脂肪酸)系の洗浄力より洗浄力は弱いですが、アミノ酸系よりはやや強めの洗浄力です。

そのため、乾燥肌やパサつきのある髪には不向きといえます。しっかり洗い流さないと、毛穴や髪に残って、かゆみ・フケ・抜け毛・枝毛などの原因となる可能性があります。

逆に、脂性の地肌や髪には向いていますので、しっかり汚れを落としたいときにはいいでしょう。ヘアカラーの後に使い続けると、色落ちが早くなりますので気をつけてくださいね。