水添レシチン:シャンプー成分解析

水添レシチンについて

大豆や卵黄から抽出されるレチシン(リン脂質)に化学反応(水素添加)させて作られます。レチシンはそのままでは酸化しやすいので、水素添加することで熱や酸化しにくくさせ、成分の安定性を高めるのです。

界面活性剤の種類 両性(アンホ)界面活性剤
配合目的 乳化 柔軟
主な特性
  • 天然成分(リン皮質は大豆や卵黄、皮脂にも含まれている成分です)
  • 低刺激
  • 肌の角質層になじみやすい
  • 肌への柔軟性
  • 肌荒れ予防
  • キメを整える
  • 洗い上がりはマイルド感

成分の配合目的や安全性・主な特性については、「化粧品成分ガイド(フレグランスジャーナル社)」や「化粧品毒性判定事典(メモタル出版)」などの文献や日本化粧品工業連合会ホームページなどから引用しております(詳しくは参考文献一覧を参照してください)。