ローマカミツレ花エキス:植物エキス

ローマカミツレ花エキスについて

ローマカミツレの花には、抗炎症・抗アレルギー作用がある「カマズレン」や、抗酸化作用・リラックス効果がある「カフェ酸」、抗酸化作用などがある「フラボノイド」などの成分を含んでいます。

原料 キク科植物
ローマカミツレの花から抽出
配合目的 消炎 肌荒れ改善 抗菌 育毛 フケ・かゆみ防止
主な特性
  • 優れた消炎作用で地肌を清潔に保つ
  • 地肌の荒れ・炎症を抑える
  • 抗菌・抗アレルギー作用で、フケやかゆみを抑える
  • リラックス効果がある(シャンプー成分としてはあまり効果はないかもしれませんが)

成分の配合目的や主な特性などについては、「化粧品成分ガイド(フレグランスジャーナル社)」や「化粧品毒性判定事典(メモタル出版)」などの文献から引用しています(詳しくは参考文献一覧を参照してください)。