ハイブリッドサフラワー油について

ハイブリッドサフラワー油について

ハイブリッドサフラワー油は、紅花を原料にしてつくられるオイルです。人の皮脂に含まれている脂肪酸で角質層のバリアを守り水分保持や皮脂腺の増殖を助ける「リノール酸」や肌になじみが良く酸化しにくい「オレイン酸」が主な組織の、不飽和脂肪酸油です。

ハイブリッドサフラワー油は、肌や髪の代謝に必要であり抗酸化作用にすぐれている「ビタミンE」を多く含んでいます。

種類 キク科
紅花の種子から抽出
配合目的 洗浄 柔軟 抗酸化
主な特性
  • 皮膚をやわらかく、しっとりとした感触にする
  • 皮膚を乾燥から守る
  • 脱脂力は穏やかだが、ほどよい洗浄力がある
  • 抗酸化作用で皮膚の老化を予防する

成分の配合目的や安全性・主な特性については、「化粧品成分ガイド(フレグランスジャーナル社)」や「化粧品毒性判定事典(メモタル出版)」などの文献から引用しております(詳しくは参考文献一覧を参照してください)。