ステアリン酸Na:シャンプー成分解析

ステアリン酸Naについて

高級脂肪酸のステアリン酸と、水酸化ナトリウムを中和反応させて作られます。

ステアリン酸Naは、「石けん」の成分の一つで「高級脂肪酸アルカリ金属塩」として総称される、陰イオン(アニオン)界面活性剤です。

界面活性剤の種類 陰イオン(アニオン)界面活性剤

カルボン酸系

配合目的 洗浄 乳化
主な特性
  • 石けん素地の一つ
  • 牛脂やパーム油由来
  • 弱アルカリ性(髪や地肌は弱酸性なので、洗うと髪がキシム)
  • 油になじみやすく、水にもなじみやすい
  • 高い洗浄力と脱脂力
  • 髪がキシムのでリンスが必要
  • 低温では弱い洗浄力(高温になると洗浄力が上がる)
  • 低い起泡力(泡立ちはよくない)
  • 石けんカスが出やすい

成分の配合目的や安全性・主な特性については、「化粧品成分ガイド(フレグランスジャーナル社)」や「化粧品毒性判定事典(メモタル出版)」などの文献や日本化粧品工業連合会ホームページなどから引用しております(詳しくは参考文献一覧を参照してください)。