これってリンス?「わたしのきまり」は本当に頭皮と髪のケアができるの?

リンスのようなクリームシャンプー「わたしのきまり」は、本気で泡が立ちません。シャンプーとしての液剤が白いクリームなので、見た目も感触もリンスです。

でも、「頭皮トラブル対策専用シャンプー」として、開発元である(株)ファンファレは自信を持っています。そうはいっても、「え? 本当にクリームをつけるだけで汚れが落ちるの?」って思いますよね。

「泡が立たなくても大丈夫?」って、わたしも思います(笑)

そこで、実際に「わたしのきまり」を使ってみて、髪がどうなるかを試してみました。管理者であるわたしの髪がどうなったかをレポートしますね。

わたしのきまりに何で興味を持ったのか

クリームなのにシャンプーなんて、かなり斬新ですよね。だから初めて使うのって、なんだか勇気がいるみたいな。でも、このクリームシャンプー、ちょっと興味ありませんか?

これまで私は、マイルドな洗浄成分やオーガニック系のシャンプーを使っていて、ある程度は満足していました。でも、どれもリンスとセット物が多かったので、シャンプーだけでもサラサラな髪になるシャンプーはないか探していたんです。

だって、実は私、髪や頭皮に優しいシャンプーは使いたいのですが、面倒くさがりですし時間や光熱費の節約もしたいんです。そう、欲張りなんです。

リンスも必要なシャンプーに不満を感じてる?

シャンプーは髪や頭皮を洗うものなので、汚れだけでなく必要以上に脂分が無くなってしまえば髪がキシンでしまいます。そのため、リンスをすることで髪を柔らかくしたり、ツヤを出す必要があるのです。

ところが、「洗浄するシャンプー」も「髪を柔らかくするリンス」も、界面活性剤を使います。というか、シャンプーやリンスには、多小なりとも界面活性剤の配合は欠かせません。

しかし、使用目的が違うので、それぞれに配合されている界面活性剤は違います。でも、どっちも入っている界面活性剤なら、できるだけ使う回数は少なくしたいですよね。

シャンプーしたら次はリンスやコンディショナーは、美しい髪になるために当たり前かもしれません。でも、しっかり洗浄してくれて髪もサラサラにしてくれるシャンプーがあれば、一石二鳥だと思いませんか?

これまでのシャンプーで不満なところ (ー ー;)

1.シャンプーとリンスで、ダブル界面活性剤を使いたくない

(ー ー;):シャンプーやリンスだけでなく、毎日使う台所洗剤・洗濯洗剤・洗顔剤などにも界面活性剤が使われています。肌荒れやアレルギーなどの原因にもなる界面活性剤。できるだけ身体に優しい界面活性剤のものがいいし、使う回数も少なくしたい!

2.効率よく洗いたい

(ー ー;) :シャンプーもリンスもしなくてはいけないのは、時間もかかるし面倒くさい。もっと効率よく洗いたい!

3.節約できない

(ー ー;) :シャンプーとリンスのそれぞれすすがないといけないので、時間も水道代も光熱費も倍かかってしまいますよね。時間も水光熱費もできるだけ節約したい!

4.泡立ちすぎ

(ー ー;) :もっちり泡が立てば立つほど、すすぎに時間がかかる。排水口に泡がいっぱい溜まる、泡がいつまでも残るのが嫌!

5.泡がなくなったら髪がキシム感じがする

(ー ー;) :シャンプー泡がなくなったら、指通りが悪くなって、髪がキシム感じがするシャンプーがあるの。よく洗わなきゃいけないのに、すすぎながらキシンでたらキューティクルが痛みそう!

6.髪以外におでこや肩にも泡がつく

(ー ー;) :洗顔もするのに、おでこにシャンプー剤が付いたら2重で洗剤を使ってることになるらしいですよ。これじゃ汚れが落ちすぎて、肌荒れの原因になってしまいまう。そういえば、肩や首の後ろ・おでこの生え際がブツブツしたり、痒みや肌荒れありませんか?

もしかしたら、私の不満を「わたしのきまり」は叶えてくれるのかもしれないと思ったのです。

実際に使ってみてどうだったのか

この写真は、実際に私が「わたしのきまり」を使って洗っているところです。

ご覧の通り、泡は全く立ちません!

でも、クリームでも指通りが良いので、髪にサッと広がりましたよ。地肌にやさしくマッサージする感じで塗っていく感じで、首の方から頭の上に向かって伸ばしていきました。

それでもやっぱり心配。泡が立たないのって、本当にシャンプー的にはいいのでしょうか?

知人の美容師さん曰く、シャンプーに泡は必要ないそうです。実際に以前勧められたシャンプーは泡が立たないものでした。そのときは「泡が立たないなんて・・・」って、敬遠しちゃいましたが(汗)

また、頭皮ケアで始める美髪バイブル(出版元:講談社 山本未奈子、田村マナ著)の中に、シャンプーの事を書いてあったのをそのまま引用すると、

髪や頭皮の乾燥が目立つ方は、あまり泡立たないシャンプーを選ぶのもいいでしょう。

髪の毛がある分すすぎ残しが発生しやすいので、たっぷりの泡を立てる必要はないと考えています。

ということらしいです。

そうかぁ〜「シャンプーは泡が立たなきゃいけない」ってことはないんですね。

洗ってみたらこうなった

「わたしのきまり」の洗い方としては、クリームで地肌をやさしくマッサージしているだけなんです。でも、地肌をモミモミしていると、何だかス〜ッとした爽快感(?)があって「あれ? 汚れが落ちた?」っと思えるほどだったんです。ちょっと不思議な感覚でしたよ。

そして、クリームはすぐに洗い流さずに、体を洗っている間しばらく放置。この、しばらく時間をおくことで、地肌や髪に馴染ませるのがポイント

その後、しっかり洗い流せば完了です。すすいでいる間も指通りが良いので、指で髪を滑らせながらお湯を流すことができましたよ。

それで、ドライアーをかけてどうだったかというと、まるでリンスをしたみたいにサラツヤになりました。

この感じは写真で伝わりにくかも〜 下の写真は「わたしのきまり」でシャンプーした後の、わたしの髪です。髪もまとまってて、自分で髪を触っても気持ちいいんですよ〜

不満は解消したのか?

では、実際に使ってみて、私の不満は解消したのでしょうか・・・

使ってどうだったか (^ ^)

1.シャンプーとリンスで、ダブル界面活性剤を使いたくない

(^ ^):成分表示は配合量の多い順に書いてあるのですが、「わたしのきまり」は界面活性剤が7番目に初めて表示されています。シャンプーとリンスが一つになったようなものなので、ダブルで界面活性剤を使わなくていいし、他のシャンプーと比べても配合量が少ないっていえますね。

2.シャンプーとリンスを両方するのが面倒くさい(時間とりたくない)

(^ ^):シャンプーだけなので、時間の短縮ができた!

3.節約できない

(^ ^) :シャンプーの1回だけなので、しっかり洗い流しても水光熱費の節約はバッチリ!

4.泡立ちすぎ

(^ ^) :泡が立たないので、排水口にいつまでも泡が残らなくなった。泡がない分、サ〜ッと洗い流せた感じはありますが、そこは気持ち余分目にしっかり洗い流さないといけないなぁと思うぐらいです。

5.泡がなくなったら髪がキシム感じがする

(^ ^) :洗い流している間も、指通りはリンスしたみたいにずっとなめらかなので、キシミません。これならキューティクルにも安心できそう。

6.髪以外におでこや肩にも泡がつく

(^ ^) :クリームで地肌をマッサージするように洗うので、泡ダレしておでこや肩につくことがなくなった

このように、これまでのシャンプーに不満に感じていた私的には、大満足の使い心地でした!

でも、これはどうにかならないかなぁ(心配や不安なこと)

そんな、大満足の「わたしのきまり」ですが、「これはどうにかならないかなぁ」という不安・・・というか、心配が残っています。

「わたしのきまり」への不安や心配ことを、ファンファレさんに質問したり自分で調べてみた ( ? _ ? )

1.クリームは毛穴に残らないの? ちゃんと洗えているか心配

( ? _ ? ):クリームを頭皮につけるようなイメージで塗っていきますが、しっかり洗い流したつもりでも毛穴に残っていることはないのか心配。なので、ファンファレ担当者さんに質問してみたら、こんな返事が返ってきました!

オリーブオイルやエステル油が頭皮の油に馴染みやすく、頭皮に負担をかけずにケアなの油を取り除くことが期待できます。

ですって。確かに実際に洗ってみた翌日は、痒みも臭いもないんですよね。

ちなみに、1日置きにシャンプーしても痒み臭いフケも出ないので、しっかり洗えていると思います。だって、毛穴に脂(汚れ)が残っていると、頭皮の臭いがしてきて気になりますよね〜

2.いわゆる刺激が強いといわれる界面活性剤は大丈夫?

( ? _ ? ):ファンファレ担当者さんに質問してみたら、こんな返事が返ってきました!

本商品はカチオンとノニオン界面活性剤を併用しております。クリームで油を落とす機能を持たせるだけではカチオン界面活性剤を使用する必要はありませんが、髪にも効果(潤い)を与えるものにしておりますので、配合しております。刺激を懸念される方もおられますが、配合量については厚生労働省の基準に基づき配合しておりますので問題ないものと考えております。

確かに上の全成分表示を見ると、ステアラミドプロピルジメチルアミンは陽イオン(カチオン)界面活性剤です。でも、第3級カチオン界面活性剤なので、地肌への刺激は低くて安全性は高いといえます。しかも、配合の順番は7番目と、主成分ではありません。

ステアルトリモニウムブロミドも陽イオン(カチオン)界面活性剤です。これは、刺激が強いといわれる第4級カチオン界面活性剤ですが、配合の順番は9番目とこれも主成分ではないので、気にするほどの配合量でないでしょう。

しかも、名前が似ているステアルトリモニウムクロリドという界面活性剤がリンスでもよく使われていますが、この成分よりもステアルトリモニウムブロミドの方が刺激は弱いそうですよ。

カチオン界面活性剤は洗浄効果がありますし、殺菌や消毒を目的にした石鹸に使われます。また、髪を柔らかくしたり、静電気防止としてリンスでも使われるほどです。このような効果があるカチオン界面活性剤を配合していることは、クリーム成分を最大限に生かした洗浄力だと思いますよ。

また、非イオン(ノニオン)界面活性剤は、ポリソルベート60です。水と油を安定して混ぜる乳化剤として配合されています。洗浄力を期待しての配合ではないんですね。これも配合の順番は29番目なので、使われている量はかなり少ないといえますね。

3.ポンプ式の入れ物じゃないから、使いにくい?

( ? _ ? ):ファンファレよくある質問に書いてあったものから引用すると、しっかりしたクリームなので、ポンプ式の容器にしたら吸い上げにくいし、最後まで使い切れないかもしれないんですって。

なんだか、入れ物は詰め替え用みたいですが、経済的に最後までしっかり使えるように、今のパウチ容器になったようです。確かに、ポンプ式の管の中に残ってるのもったいないですよね。

4.ちょっと値段が高い

( ? _ ? ):毎日使うシャンプーだから、出費はできるだけ抑えたい!でも、「わたしのきまり」は、一袋が定価で5400円(税込)もするんです。これは高すぎで、手が出ません(泣)

そこで、賢く安く使うなら定期便がオススメ。しかも、初回は64%OFFの1980円(税込・送料無料)です。これならかなりお得! 2回目からは26〜30%OFF(3980〜3780円)で購入できます。

公式サイトから購入なら、初めての方に限って30日間の返金保障がつくので、試してみたいと思っているなら安心ですよ。しかも、購入回数の縛りがないので、気に入らなかったら2回目からキャンセルできます。

5.1ヶ月持つのか心配

( ? _ ? ):見た目がパックなので、これで1ヶ月持つのか心配。内容量は300gです。

某メーカーのシャンプーも内容量が同じ300gで、定期便は2ヶ月毎のお届けになっていました。

髪の量や長さによっても使う量は違ってきますが、1回の使用量の目安はピンポン球1〜2個分ぐらい。ショートヘアーなら、1袋で1ヶ月以上持つんじゃないかな。

私はなんと、1ヶ月半以上も持ちましたよ。それでも髪はサラサラです!

ただし、使用量はケチらないほうがいいですよ。髪が長くなれば、地肌だけ洗うってわけにはいきません。使う量をケチれば、どうしても地肌を洗う量そのものが減ってしまいます。それでは汚れが落ちずにカユミの原因となってしまうので、使う量は髪の量に合わせて増減してくださいね。

つまり、髪の量や長さによっては、「毎月一袋使うわけじゃない」ってことです。

頭皮と髪のケアができるのか、全成分を調べてみた

「わたしのきまり」は、ファンファレの他の商品を使われている「お客様の声」から生まれたそうです。製薬会社と共同開発しているので、成分についてはかなりこだわっているかも。

頭皮と髪のケアができるのか、全成分を解析してみましょう。

「わたしのきまり」に含まれている全成分

水、グリセリン、ミリスチルアルコール、オクチルドデカノール、ドデカン、ベヘニルアルコール、ステアラミドプロピルジメチルアミン、安息香酸アルキル(C12-15)、ステアルトリモニウムブロミド、オリーブ果実油、アルガニアスピノサ核油、ヒマワリ種子油、ダマスクバラ花油、オレンジ果皮油、ユーカリ葉油、マカデミア種子油、アーモンド油、ローズマリー葉エキス、レモングラス葉/茎エキス、ラベンダー花エキス、ハチミツ、ベントナイト、加水分解コンキオリン、ダマスクバラ花水、トコフェロール、ハイブリッドサフラワー油、イソプロパノール、ポリソルベート60、イソステアリン酸水添ヒマシ油、香料、クエン酸、BG、フェノキシエタノール

油性成分

「わたしのきまり」は、成分表示の1番目~6番目までが水+クリーム成分だけしかありません。開発された会社(株式会社ファンファレ)の人に聞いたのですが、クリーム成分が全体の約90%を占めているそうです。

普通のシャンプーは洗浄成分である界面活性剤が「水」の次に表示されていますが、このシャンプーは保湿性やクリーミー性が高い成分がズラ~と並んでいます。

成 分  主な特徴 
水性成分 グリセリン 地肌や髪へのなじみが良い、水分を取り込む(吸水性)力が高い
 高級アルコール類 ミリスチルアルコール シャンプー液の硬さや伸び具合を調整し、乳化安定を図る、髪にツヤを与える、指通りをアップ
 高級アルコール類 オクチルドデカノール シャンプー液の硬さや伸び具合を調整し、乳化安定を図る、ベタつかずに保湿、低刺激
高級アルコール類 ドデカン シリコーンの代わるエモリエント剤として使われるサラッとした感触の油剤、低刺激
高級アルコール類 ベヘニルアルコール シャンプー液の硬さや伸び具合を調整し、乳化安定を図る、髪にツヤを与える、指通りをアップ
油性成分 安息香酸アルキル(C12-15) 軽くてサラッとしたドライ感があるエモリエント剤

洗浄成分

洗浄・保湿成分として、油で皮脂の脂を浮かしてくれるオイル成分オリーブオイル」と、汚れを吸着してくれる泥成分ベントナイト」が配合されています。界面活性剤でない、天然の洗浄&保湿ですね。

しかも、オリーブオイル国産原料にこだわって、熊本県の「九州荒尾オリーブ村」のものを使用。それをエキストラバージンオイルとして、採れて24時間以内に加工して酸化度0.8%以下にしているんですって。

また、シャンプーでは洗浄目的で界面活性剤の使用は避けられないところがあります。でも、リンスやコンディショナーで主に使われる陽イオン(カチオン)界面活性剤を配合することで、髪を柔らかにするだけでなく、殺菌・消毒の働きをプラスしているのです。

天然の洗浄剤

種 類 主な特徴
エキストラバージンオリーブオイル オリーブオイルは頭皮の脂に近いオイル。そのため頭皮に負担を変えずに、毛穴の汚れや老廃物を浮かせて落としてくれる。
ベントナイト 数億年前の火山灰から生まれた泥で、栄養成分を豊富に含んでいる。汚れの吸着と保湿性が高い天然の洗浄剤。陽イオン交換により、タンパク質である脂汚れを吸着して、ミネラル成分を地肌や髪に与えてくれる。

界面活性剤

「わたしのきまり」の中では、主要成分として界面活性剤を配合されていません。配合されている順で一番早いものでも7番目ですし、第3級の陽イオン(カチオン)界面活性剤といった肌や髪への刺激は少ない成分です。

 種類 成分  主な特徴 
第3級 陽イオン(カチオン) ステアラミドプロピルジメチルアミン 洗浄効果がある。殺菌や消毒を目的にした石鹸に多く使われる。皮膚や髪への刺激が少ない
第4級 陽イオン(カチオン) ステアルトリモニウムブロミド 洗浄効果がある。殺菌や消毒を目的にした石鹸に多く使われる
 非イオン(ノニオン) ポリソルベート60 水と油を安定して混ぜる乳化剤

天然成分

頭皮や髪へのうるおい成分として、植物から採れる天然オイルやエキスについてみていきましょう。これらの配合量は、それぞれが約1%程しかありません。

天然オイル

種 類  主な特徴
オリーブ果実油 頭皮に潤いを与えて血行促進。ビタミンEなど美髪成分を豊富に含むため、髪にハリとコシを与えて、枝毛・切れ毛を予防。髪をコーティングして、サラサラな潤い髪へ
アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル) 保湿効果と抗酸化作用で、頭皮のエイジングケア
アーモンド油 頭皮の古い細胞を取り除いたり、高い浸透性で有効成分を頭皮に届けて、美しい髪の土台作り
マカデミア種子油 ヒトの脂肪組織に含まれるパルミトレイン酸を豊富に含むため、頭皮を若々しくして美しい髪を育む土台作り
ヒマワリ種子油  髪に潤いを潤いを与えるので、乾燥によるダメージや枝毛・切れ毛トラブルを修復
種 類 主な特徴
ハチミツ ビタミンやポリフェノールなどが豊富。浸透性や保湿性に優れているので、髪を内側から保護して潤いを与える
パールエキス(加水分解コンキオリン) コンキオリンアミノ酸というコラーゲンに似た性質のアミノ酸効果で、保湿と新陳代謝を促して髪にツヤとまとまりを与える
ダマスクローズ(ダマスクバラ花水) 香り高いバラから採れるオイル。抗炎症・抗菌作用で頭皮のコンディションを整え、髪に必要なビタミンCやAなどが傷んだ髪のキューティクルを修復
オレンジ果皮オイル 皮脂や汚れを取り除いたり、地肌の保湿や収斂作用もある。血管強化作用があるルチンを含むので、毛根に働きかけて抜け毛予防。

オーガニックハーブエキス

 種 類 主な特徴 
ユーカリ葉エキス 収れん・抗菌・殺菌・血行促進作用:新陳代謝を高めて皮膚細胞を活性化する
ローズマリー葉エキス 消炎・抗菌・抗酸化・収れん作用:荒れ・炎症を抑えて地肌を清潔に保ち、フケやかゆみを抑える。頭皮環境を整える
レモングラス葉/茎エキス 抗菌・殺菌・消臭作用:スッキリとした香り成分であるシトラールが頭皮の菌と臭いを抑えて清潔に保つ
ラベンダー花エキス 殺菌・抗菌・収れん作用:頭皮の皮脂の分泌量を整えて、頭皮を清潔に保つ

その他

クリームシャンプーの液を安定させたりするためなどの成分も配合されています。

役割 成分 主な特徴
溶剤 イソプロパノール 被膜形成剤を溶かす。ベースの粘土を下げる
キュレート剤 中和剤 クエン酸 シャンプー剤のpHを安定させる。アルカリ性を中和する
溶剤 抗菌 BG 植物エキスを抽出するときの溶剤となる。防腐剤と一緒に配合することで防腐効果を高める
防腐剤 フェノキシエタノール パラベンよりも殺菌力は低いがポジティブリストとして配合量は規制されている。香りを保つための保留剤

頭皮トラブルは予防できたのか

初めて「わたしのきまり」を手に取ったときは、本当にこれで髪がキレイになるのか疑心暗鬼でした。でも、シャンプーだけでキレイになれるものが欲しくて探していたので、思い切って使ってみたんです。

使った感想は、とっても髪がサラサラになって良かったです。特に、洗った後よりもドライヤーで乾かした後のサラサラ感は自分で髪を触っても気持ちいい感触ですよ。

以前は市販のシャンプーを使っていて、すすぎが足りないと翌々日には痒みが出たり、頭皮の臭いが気になって仕方がありませんでした。

でも、「わたしのきまり」で洗うようになったら、翌日も痒みはないし、翌々日も痒みや頭皮の臭いも気になりませんでした。

今のわたしの髪は、頭皮トラブルもなく、サラサラヘアーが持続してます。

よく読まれている人気記事

髪にハリ・コシ・ツヤを与えるPPT
皮膚や髪の主成分であるタンパク質と、似たような構造を持っているポリペプチド(PPT)。種類によって髪にハリ・コシ・ツヤを導く、大注目の成分を解説します。

髪の悩みに届くヘマチンの働きとは
髪は頭皮の奥にある毛細血管(血液)から栄養をもらうことで、スクスク伸びていきます。血液に含まれるヘマチンは髪の悩みの救世主になるのか?

もし肌や髪にアミノ酸が不足したら
髪の主成分は18種類のアミノ酸で構成するタンパク質。ある日キューティクルが崩れてアミノ酸の流出事件が発生! 肌や髪が栄養不足になる、不測の事態に大発展・・・

 

ハリツヤのある美しい髪へ導く
実力派シャンプー選びに迷ったら