ヤシ油(ココナッツオイル):植物オイル

ヤシ油(ココナッツオイル)について

ヤシ油は、ココヤシの種子から抽出されるオイルです。飽和脂肪酸であるラウリン酸が約50%を占め、他はミリスチン酸パルミチン酸などを含んでいます。

これらの飽和脂肪酸は、ナトリウムやカリウムと結合することで界面活性剤となり、石鹸や洗剤の原料として使われます。

原料 ヤシ科植物
ココヤシ果実の種子から抽出
配合目的 保湿 柔軟
主な特性
  • 天然の油性成分
  • 地肌や髪に膜をはり、水分の蒸発を防いでくれる
  • 頭皮を柔らかく保つ
  • 手の滑りを良くし、髪にツヤを与える
  • 泡立ちを良くする

成分の配合目的や主な特性などについては、「化粧品成分ガイド(フレグランスジャーナル社)」や「化粧品毒性判定事典(メモタル出版)」などの文献から引用しています(詳しくは参考文献一覧を参照してください)。